未来にむけた

「希望」を言葉に

私たち Two Doors は取材を通じてたくさんの人の哲学やあり方に触れ、
この社会が彩りと可能性にあふれたいのちの集まりだと実感してきました。

さりげない語りの底にながれる熱き思いと真意をくみとり、
託された言葉を丹念に磨きあげる。
そうしてできあがった言葉は、時には誰かの不安に寄り添い、時には誰かを勇気づけていくのです。

希望を包みこんだ言葉を、来たる世界に向けて解き放つ。
私たちは、そんな存在でありたいと思います。

Service

Two Doors ができること

create

取材/執筆

言葉の奥にある真意を言葉にすることを得意としています。「食」「環境」「社会」といった暮らしに寄り添うテーマを中心に、多様な価値観を言語化します。

もっとみる
import_contacts

翻訳/通訳マネージメント

他言語に変換する前に、誰に向けて何のために訳すのかを真に理解することから始めています。言葉のプロたちと共に想いを繋ぎ、活きたメッセージをつくります。

もっとみる
face

自分史講座・研修

「自分史」をベースにした講座・企業内研修を提供しています。個人の座標を明確にするとともに、信頼関係の強い組織を形成するカスタマイズメソッドのご提案をします。

もっとみる

プロジェクトマネージメント

新規プロジェクトの立ち上げ時、展示会出展の事務局、新サービスのローカリゼーションなど、チームと共に伴走するプロジェクトマネージメントの業務委託を承っています。

もっとみる

Profile

柳澤 円

(やなぎさわ まどか)

ライター・編集/ 通訳翻訳プロジェクトマネージャー。
食・農・暮らしをテーマに書籍やウェブなど複数媒体で発信するほか、企業や団体のプロジェクトに参画。関心分野はジェンダー/人種/環境など。好きなものは納豆と、名前の由来を聞くこと。株式会社Two Doors代表。

柳澤 史樹

(やなぎさわ ふみき)

自分史活用アドバイザー/ ライター/ 編集/ プランナー。
人間の生きた軌跡である「自分史」を軸にしたコミュニケーションメソッドをベースに企業研修や執筆、イベントを開催しているほか、農業・工業・ライフスタイルなどのライティング・編集に携わる。一般社団法人「自分史活用推進協議会」認定アドバイザー。

Works

Two Doors の実績

create

取材/執筆  

create

取材/執筆|2019.6

季刊書籍『自然栽培』vol.19

p72 おいしい!を探して 大田圭一郎 (自然農園ゆいま〜る)インタビュー
p90 栽培を科学 粕渕辰昭(山形大学農学部名誉教授)インタビュー

create

取材/執筆|2019.5

ウェブマガジン greenz.jp

社会の理不尽は笑いのネタ! 壮絶な人生を綴るトレバー・ノアの自伝は、未来を明るく照らす太陽の一冊だ

https://greenz.jp/2019/05/17/trevor_noah/

create

取材/執筆|2019.3

国際環境NGOグリーンピースジャパン

「消えたプラスチック」に励まされたこと

create

取材/執筆|2018.11〜

世界を農で面白くするウェブマガジンThe CAMPus

create

取材/執筆|2017. 3〜

TABI LABO Japan Local

create

取材/執筆|2018. 1〜

工場タイムズ

lightbulb_outline

書籍やウェブなど複数の媒体において執筆実績多数。「食」「農」「環境」を中心に様々な分野に対応します。アイディア段階でのご相談や記事コンテンツ制作に伴うリサーチ、ブレストなどお気軽にお問い合わせください。

import_contacts

翻訳/通訳マネージメント  

import_contacts

翻訳マネージメント|2019.4

Fermentation Tourism NIPPON 〜発酵から再発見する日本の旅〜
[和文英訳]

import_contacts

翻訳マネージメント|2019.3

FOODEX2019出展企業 コミュニケーションサポート

lightbulb_outline

翻訳・通訳のエージェント事業は11年目を迎え、これまでも様々な案件における経験を重ねてきました。ナショナルクライアントのビジネス翻訳や広告だけでなく、世界を舞台に活躍する表現者たちにも寄り添い、食・アート・動画・ナレーション原稿・ウェブサイトや販促ツールなど幅広く対応しています。

face

自分史講座

face

自分史講座・研修

「自分史活用アドバイザー」認定講座

face

自分史講座 ・研修

相模原市主催 地域活動入門講座

lightbulb_outline

人が生きてきた軌跡である「自分史」。以前はシニア世代の活動というイメージも強かったのですが、近年、モノからココロの時代になり「自分を見つめなおしたい」という人々のニーズから大きな注目を集めています。
自らの軌跡を棚卸しして内省し、導き出した「自らのありかた」をシェアすることで自己肯定感が高まります。また、コミュニケーションの活性化メソッドとして、企業研修、行政主催の市民講座、福祉施設で導入されるなど、各地で広まりを見せています。

プロジェクトマネージメント
(一部抜粋)

プロジェクトマネージメント

某出版社主催ビジネスセミナー事務局ディレクション

プロジェクトマネージメント

米系PCメーカー主催国際カンファレンス運営事務局

プロジェクトマネージメント

東京モーターショー  プレスセンター事務局ディレクション

lightbulb_outline

グローバル企業、国際組織、官公庁などにおいて様々なプロジェクトマネージメントの業務委託を担当してきました。イベントの企画立案や運営委託などお気軽にご相談ください。

Contact

お問い合わせ

Name

Email

Message

添付ファイルが必要な際などは、こちらのメールアドレスに送信ください。

hello@twodoors.link